カニ通販の上手な使い方とは?

蟹にも国産と輸入があります。
購入する際に、海外で獲れた蟹か、日本国内で獲れた蟹か、どちらを選ぶか迷ってしまう人も多くいると聞きます。
ここでは敢えて言い切ってしまいますが、どっちを買っても、同種の蟹であればさほど差異はないと言ってよいでしょう。国産、輸入のどちらであれ、注意するべきは、扱っている店舗自体の信頼性です。信頼できるお店の商品なら、海外の蟹でも日本の蟹でも、品質は保証されています。皆さんの中には、蟹通販を利用した経験がある方も多くいらっしゃると思います。しかしながら、通販で売っている蟹のグレードは大丈夫なのかイマイチ信じきれない方もいるでしょう。
少し前であれば、蟹に限らず、通販で新鮮な海産物が買えるという話はそう簡単には信じられませんでした。

ところが、ここ最近では店頭で買うのに劣らないグレードの蟹をネット通販で取り寄せることが簡単にできるのです。グルメの王道である蟹。蟹を最も美味しく味わえるのは、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。
他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。新鮮な蟹なら蟹しゃぶや刺身もいいですが、少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。

これなら、鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。

そのままの味が好みに合わなくても、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、色々な味わいを楽しめるので飽きがありません。
紅ズワイガニは、ズワイガニの代用と、かにに詳しい方が言うのですがそれは言い過ぎでしょう。

これまで食べた紅ズワイガニはどれも大したことはなかったとすれば本当においしい紅ズワイガニをぜひ食べてください。

新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べても実においしいかにです。
新鮮でないとおいしくないのも事実で素直においしいと言われにくいのでしょう。

上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の具などで華のある食材で、世界中に知られた高級食材です。
チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で比較的多くの地域でみられます。
生息地域が広いのも当然で、雑食なので正真正銘の侵略的外来種です。
養殖などで持ち込まれ、拡散することを防ぐため生体の輸入などを公に行えない国もあります。

今も昔もご馳走の定番といえば蟹ですよね。最近は、蟹通販を使えば、いつでも新鮮な蟹を手軽に取り寄せることができ、とても便利です。しかし、蟹通販の業者は玉石混交であり、詐欺まがいの業者や、他と比べて高すぎるところもあるので、どこから買ってもいいというものではありません。楽天市場などのECサイトや、一般の検索で探せば、中には他より大幅に安い業者もあります。しかし、激安を謳う業者には怪しげなところも多いですから、そのお店の口コミやレビューをチェックし、信用性を確認するクセをつけましょう。

蟹通販を利用すれば、自宅にいながらにして活蟹やポーションタイプなど、色々な蟹を購入できます。しかし、注文は簡単ですが、その前段階が大変です。蟹通販の業者は大変多く、サービスの質もピンからキリまでですから、業者を選ぶのにも一苦労です。
せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。

そのためには、キーワードは「産地直送」。産地直送の業者を選んで利用しましょう。選んだ業者の質によって、品質や味のほうにも大きく違いが出るのです。
蟹通販に新規参入する業者も増えてきました。

今では、ネットでも好みに合わせて色々な蟹を取り寄せられるようになっています。でも、実物を見ないで買うのはちょっと不安という方もいますよね。どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。そんなときには、レビューに一通り目を通しておけば、リスクは抑えられます。さて、レビューを見る際に注意するべきは、サクラを見分けられるようにすること、これに尽きます。
サクラを見抜くのは簡単です。レビュー件数自体が少なく、悪い評価がほぼなく、好評価ばかりが不自然なほど多ければ、とりあえずサクラだと思っておけばいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ